所蔵一覧

概要

判例タイムズ
判例タイムズ社
130 新着雑誌架

利用状況

詳細

雑誌名1 判例タイムズ
各号 - 巻・号・通巻 第62巻第16号 (1349)
各号 - 出版年月日 2011/08/15
出版者 判例タイムズ社
各号 - 配架場所コード
100 書架10(和・製本雑誌)
登録番号 10336295
内容細目1 知的財産 6:JEAN PAUL GAULTIER ”CLASSIQUE” 立体商標事件 1:商品の用途、性質等に基づく制約の下で、同種の商品等について、機能又は美感に資することを目的とする形状の選択であると予測し得る範囲のものであれば、当該形状が特徴を有していたとしても、商標法3条1項3号に該当する(①事件)(①知的財産高裁平23.4.21判決)(187p)
内容細目1 2:立体的形状からなる商標について、当該商標の形状が、他に見当たらない特異性を有し、需要者に強い印象を与えるものであって、15年以上にわたって香水の容器に使用されてきたことに照らし、当該形状が独立して自他商品識別力を獲得するに至っており、香水について自他商品識別力を有するに至った結果、これと極めて密接な関係にある化粧品等の本願指定商品に、本願商標g使用された場合にも、自他商品識別力を有するとして、商標法3条2項の要件を充足するとされた事例(①事件)(①知的財産高裁平23.4.21判決)(187p)
内容細目1 JEAN PAUL GAULTIER ”Le Male”立体商標事件:香水等を指定商品とする立体商標について、その立体的形状が、香水の容器において機能又は美感に資することを目的として採用されたもので、香水の容器の形状として、需要者において、機能又は美感に資することを目的とする形状と予測し得る範囲のものであり、商品等の形状を普通に用いられる方法で使用する標章のみからなる商標として、商標法3条1項3号に該当するとされた事例(②事件)(②知的財産高裁平23.4.21判決)(187p)
内容細目1 知的財産 7:”L' EAU D’ ISSEY”立体商標事件:立体商標に係る容器の香水が、一定期間一定程度売り上げられ、雑誌等に掲載されたとしても、その立体的形状がシンプルで、特異性が見いだせず、類似の形状の香水も複数存在し、酷似する形状の香水すら存在することに照らすと、本願商標の立体的形状が、独立して自他商品識別力を獲得するに至っているとまではいえず、しかも、本願商標が、香水とは必ずしも取引者や需要者が一致するとはいえない「洗濯用漂白剤その他の洗濯用剤、清浄剤、つや出し剤、擦り磨き剤及び研磨剤」等の指定商品に使用された場合、原告の販売に係る商品であることを認識することができるとはいえず、商標法3条2項の要件を充足するとはいえないとされた事例(知的財産高裁平23.4.21判決)(203p)
内容細目1 知的財産 8:ヤクルト立体商標事件:乳酸菌飲料「ヤクルト」の包装容器の立体的形状のみからなる商標につき、本願商標は「使用をされた結果需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができるもの」(商標法3条2項)に該当するとして、商標登録出願を認めなかった特許庁の審決が取り消された事例(知的財産高裁平22.11.16判決)(212p)

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    10336295

    各号 - 保管場所コード
    00 資料室
    各号 - 配架場所コード
    100 書架10(和・製本雑誌)